1. 人の心を動かす心理学講座 TOP
  2. ポエム
  3. 子供に教えてほしい教育論!「できなかったこと」を怒るのではなく、「やったこと」と「学んだこと」を褒めよう!

子供に教えてほしい教育論!「できなかったこと」を怒るのではなく、「やったこと」と「学んだこと」を褒めよう!

Sponsored Link

phm17_0194-s

僕ら人間は、

子供の頃にどんな刷り込み(教育)をされたかで、

その後の人生が大きく変わってしまいます。
 
 
子供の頃に教えられて身に着いた思考は固定化されてしまい、

良くも悪くも大人になってから取り除くのは難しくなります。

 

僕は

自分のやりたいことで結果を出すために、

子供の頃に刷り込まれた誤った思考を

ひたすら取り除いてきましたが、

ホントにホントに大変な作業でした。
 f893349c
 
今回は僕の経験から、

僕と同じように誤った刷り込みばかりされて大変な思いをしないように、

ほとんどの親がやってしまいがちな誤った教育法を教えます。

 

それは、

「子供ができないことがあっても怒らないでください」

ということです。

 

これをやってしまうと、

子供はできないことを穴埋めしようとする性格になってしまいます。
 
 00021-450x337
でもね、

できないことをできるようにする必要は、

ほとんどの場合ないんです。
 
 
例えば、

社会のテストの成績が悪いとしましょう。

 

必死に勉強した結果、

並の点数が採れるようになったところで、

あまり役に立ちません。

 

だって、

普通に価値はありませんから・・・

 wakarimasenM

この世の中は、

多くの人ができないことをできることに価値があるんです。
 
 
だったら、

得意分野の英語を伸ばせばいいと思います。
(英語が得意分野と仮定して)

 

自分だけが、

周りの人と比べて英語がペラペラだったら、

世の中にとって非常に価値があるんです。

 image05

みんなができないことをできることに、

人はお金を使うんですから、

どう考えても苦手分野の克服ではなく、

得意分野を伸ばしていった方が効率的なんです。

 

日本の教育は、

足りないところを補うことに重点を置いていますが、

足りないところを補い、

「普通」になったところで、

ほとんど役に立たないことを意識してくださいね。

 4oLlwEIgp6iOIJctpneiMexxgNUOitvi

とはいっても、

足りないところを克服して、

普通の人よりも全然できる人になれば価値はありますが、

得意分野をさらに伸ばすより、

遥かに効率は悪いです。

 

人生という時間は有限なんですから、

効率が悪いことに時間を費やすのはもったいないです。

 Vol_14_MisusingTime-e1393831352125

できないことを怒ってばかりいたら、

残念ながら子供は怒られたくないあまり、

無意識レベルでできないことを補おうとします。
 
 
もちろん、

できないことで命に係わるんだったら、

それはできるようになったほうが良いと思いますが、

そんなことは平和な日本では、

ほぼほぼないと思います。
 
 
だったらね、

できないことには目をつぶって、

やったこと、学んだこと、できることを褒めてあげてください。

 fig_ah_111

それを心がけることで、

子供は長所を伸ばす性格になります。
 
 
長所を伸ばし、

人よりも優れた能力を身に着けることで、

世の中から必要とされる人物になります。
 
 
僕らの使命は、

人のためになることをしてお金を稼ぎ、

幸せな家庭を築くことにあります。
 
 
苦手な分野を克服することが目的ではありません。

 

そのことを頭に入れて、

子供の教育をしてほしいなと思います。


ブログの更新は不定期ですが、
メルマガでは毎日あなたのメールボックスに
最新情報を送っています。

最高の人生の送り方『ブレインエクササイズ』
のメルマガを購読したい方は
下記登録フォームからメールアドレスを登録してください。

☆最高の人生の送り方☆

メルアド登録はこちら

↓↓↓

メールアドレス(必須)
お名前(必須)


Sponsored Link

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ