1. 人の心を動かす心理学講座 TOP
  2. ポエム
  3. 霊感が強い人から聞いた心霊スポットに行ってはいけない理由とは!?

霊感が強い人から聞いた心霊スポットに行ってはいけない理由とは!?

Sponsored Link

2783848i

僕が管理するLINEグループに霊感が強い人がいて、

霊の危険性について教えてもらいました。

 

僕は一度も心霊スポットに行ったことがないのですが、

軽い気持ちで行こうとする人もいるので、

取り返しのつかないことになる前に、

霊の怖さについて、

情報をシェアさせていただきます。

 chlogo

霊がいるかいないか、

僕は一度も見たことがないので分かりませんが、

心霊スポットに行くということは

死者を冒涜する行為であるのは明白です。

 

それを認識したうえで、

行きたいのであれば、

自己責任でどうぞ行ってきてください。

 WS000005

僕のポリシーは、

「全ては自己責任」

だと思っているので、止めません。

 

以下の文章は、

本人(霊感が強い人)に書いてもらいました。

 

そのまま転載させていただきます。
(※LINEでは非常に生々しい話をしていただいたんですが、
メルマガの性質上、ここでは生々しい話はカットしています。)

 Ð0Ä0n0Ý0ü0º0’0Y0‹0sY'`

↓↓↓

 

夏といえば、

私なら海や花火を連想しますが、

あなたは好奇心旺盛な友人と一緒に、

心霊スポット巡りを考えていませんか?

 

今日は、

そんな心霊スポットについてお話しさせていただきます。

 31

そもそも心霊スポット巡りをしようという人の大概の理由が、

「スリリングな体感をしてみたい」

「幽霊を直接見てみたい」

等だと思います。

 

でも、

よく考え直してください。

 

心霊スポットというのは、

そもそもどのような場所ですか?

廃病院
廃業したホテル
自殺の名所
曰く付き物件
トンネルなど・・・

どの場所にも共通して言えることは、

人がかつてそこで亡くなったということです。

 

そのような場所に遊び半分で向かうのは、どうでしょうか?

 

例えば、

廃業したホテルやトンネルなどの心霊スポットは、

人が死んだ場所とは関係ないと思うかもしれませんが、

それは大きな間違いです。

 

トンネルや廃業したホテルなどの心霊スポットでも、

あなたが知らないだけで、

そこで人が亡くなっているんです。

 p_6

怖い話かもしれませんが、

幽霊というのは生きている人間に助けを求めます。

 

悪霊などはその時に残った強い信念や、

幽霊自体が死んだことを自覚していないことがあります。

 

他の幽霊もまた然りです。

 

そんな場所に遊びに行ったら、

どうなると思いますか?

 

幽霊からしたら絶好の獲物、

自分を助けてくれる人だと思って色々な現象を起こしたりします。

 かわい~1

ポルターガイスト等はいい例でしょう。

 

ラップ音なども、その類に入ります。

 

物音をたてて、

自分がそこにいるんだとアピールしてきます。

 

それだけでは足りないと思ったら、

幽霊は他に何をすると思いますか?

 family-71-3

簡単な話、

触ってきたり、

見えるように私たち生きている人間に

存在を認識させるために波長を合わせようとするんです。

 

悪霊などは根っから悪霊で言葉の通り、

命を奪いに来たりもしますから、

心霊スポットという場所には、

私たちにはなんのメリットもない場所なんです。

 

もし、

そのような場所に行ってしまったりした場合は、

速やかに近くの神社などで除霊してもらいましょう。

 nekojima_shrine

不安な方は、

自分の住んでいる場所の氏神さんに除霊などを頼んで見ましょう

 

※ここまで

 

 

いかがでしたか?

 

これを読んでも心霊スポットに行きたいのであれば、

どうぞ行ってください。

 

全ては自己責任です^^

 笑顔 ~1

 

話は変わりますが、

映画「呪怨」を観に行きました。

 

最初から最後まで鳥肌が立ちっぱなしで、

めちゃめちゃ怖かったです(笑)

 

小心者の僕が行く場所ではなかったですね・・・


ブログの更新は不定期ですが、
メルマガでは毎日あなたのメールボックスに
最新情報を送っています。

最高の人生の送り方『ブレインエクササイズ』
のメルマガを購読したい方は
下記登録フォームからメールアドレスを登録してください。

☆最高の人生の送り方☆

メルアド登録はこちら

↓↓↓

メールアドレス(必須)
お名前(必須)


Sponsored Link

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ