1. 人の心を動かす心理学講座 TOP
  2. ポエム
  3. テレビはヒマつぶしの道具ではない

テレビはヒマつぶしの道具ではない

Sponsored Link

a0011_000141

「ヒマでやることがないから、テレビでも見よう」

というヒマつぶしでテレビを見る時間

あなたにはありませんか?

 

僕も1年ほど前までは、

そんな時間がしょっちゅうありました。

 

意味もなく思考停止状態でテレビをボーっと見る・・・
 

8BC593E57B7EEAB3D09246B9CCA9C1

 
今思えば、

なんてもったいない時間を過ごしていたんだと、つくづく思います。

 

だからと言って

今はテレビを見ないわけではありません。

僕はテレビが大好きなテレビっ子です。

 

テレビをみる時間は、

1年前と今、そんなに変わっていないと思います。

 

ただ、

テレビを見る見方が以前と違います。

 

僕はテレビで常に思考を動かしています。

 

つまり、

テレビを見ながら勉強をしているんです。

 

感情のおもむくままに

思考停止状態でテレビを見るのではなく、

思考をフル回転させて観ます。

 

例えば、

「山田くんと7人の魔女」というドラマがあります。

 184574471_624

このドラマ

僕すごい好きなんですよ。

 

ドラマの内容を簡単に説明すると、

主人公の山田君が通う高校には7人の魔女が潜んでいて、

一人の魔女につき1つだけ

他の魔女と被ることがない特別な魔法をもっているんです。

 

そして、

山田君はその魔女の能力を魔女とキスすることで

コピーできてしまうという今までありそうでなかったドラマです。

 001

このドラマ、何が凄いかというと、

いまだかつて見たことないくらいキスシーンの連発なんですよ(笑)

 

主人公の山田君に感情移入して

自分もキスしまくった気分になれるから、僕は好きなんです。

 

しかも1回だけではあきたらず、何回も・・・

そして、何人もの女性と・・・

 

最高です。

できれば山田君役で僕が出演したいくらいです(笑)

 

とまぁ、

キスシーンについてあまりフォーカスして書き過ぎると

僕が変態であることがばれてしまうので、

キスシーンについての話題はここまで!!!

 

このドラマで何が学べるのかというと、

「どうして僕はこのドラマが好きなのか?」

ということが学べるんです。

 

感情移入して観終わったら

「あー楽しかった」

で終わらせるのではなく、

「なぜ僕はこのドラマに感情移入できたのか?」

ということを振り返ってみるんです。

 

たった

それだけのことで勉強になるんです。

 

僕がこのドラマに感情移入して、

ドラマの世界観にのめりこむ理由は3つありました。

1.山田君になったつもりで感情移入して、たくさんの女性とキスした気分になりたいから
2.魔女はみんな美女で次にどんな美女が魔女として出てくるか気になるから
3.単純に7つの魔法がどんなものか全部知りたいから

こんな風に分析してみましょう^^

 

分析して思考を動かすだけで、勉強になるんです。

 

心理について勉強しているので、

これは立派な心理学の勉強とも言えますね。

 

自分を知るという意味では、自己分析ともいえます。

 

このドラマを観て、

思考を動かすことで、

僕は大きな疑問が生まれました。

 

「僕がこのドラマを好きな3つの理由は統計学に基づいた心理学ではどうなんだろう?」

 

ひょっとしたら、

自分は他の人とは違うただの変態なのかもしれません。

 

いや、

むしろ一般的な男性なのかもしれません。

 

そんな疑問が生まれたら、

答えを知りたくて関連する心理学を勉強しますよね。

 

何をするにも、

常に思考を動かす癖をつける・・・

 

これを意識するだけで、

ヒマな時間はなくなりますし、

考察から派生した知識がどんどんついてきますよ。

 

知識が増えることで

人生の質もよくなりますし、お金もついてきます。

 

人生をより良く過ごすためにも、

常に考える癖をつけましょう^^


ブログの更新は不定期ですが、
メルマガでは毎日あなたのメールボックスに
最新情報を送っています。

最高の人生の送り方『ブレインエクササイズ』
のメルマガを購読したい方は
下記登録フォームからメールアドレスを登録してください。

☆最高の人生の送り方☆

メルアド登録はこちら

↓↓↓

メールアドレス(必須)
お名前(必須)


Sponsored Link

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ