1. 人の心を動かす心理学講座 TOP
  2. ブレインエクササイズ
  3. 成功に最も近い精神状態「フロー状態」

成功に最も近い精神状態「フロー状態」

Sponsored Link

carrer-zone

フロー状態って知っていますか?

 

フロー状態とは

簡単にいうと没頭状態です。
 
 
これがね、

物事を取り掛かる時に、

最も目的を達成しやすいと言われている精神状態です。
 
 
僕らは喜怒哀楽を感じながら、

物事に取り組んでいる場合が多いです。

 kidoairaku

これ、楽しいな・・・

これ、辛いな・・・等
 
 
楽しければ行動できて物事が上手くいきますし、

辛ければ行動できないので物事が上手くいきません。

 

でもね、

それよりももっと上手くいくのは、

フロー状態・・・

 

つまり没頭している時なんです。

 banar02

没頭しているとはどんな精神状態かというと、

無の境地です。

 

何も考えずに、

気付けば体が動いていて、

気付けばとてつもない時間がたっているんです。

 

目的を達成したければ、

この状態を目指してください。

 

楽しいという次元を通り越して、

無の境地です。

 080910-toge-1-thumb

テレビゲームをしている時は、

フロー状態の場合が多いですよね。

 

気付けば、

信じられないくらい時間が経ってしまっているんです。

 

感覚的には、

「さっき物事に取り掛かったばかりなのに、時間過ぎるの早くない?」

って感じです。

 20121104231351_5096781f55f23

没頭して夢中になりすぎているので、

もはや時計を確認することすらもしないんですね。

 

「時間が経つの早いな」

とかじゃなく、

「ハッと気づいて時計を見たら、いつの間にかかなりの時間が経っていた」

という感じです。

 

楽しいとも辛いとも思わないんです。

ホントに「無」なんです。

 Taki-gyo_8118084

無だからこそ、

どんな感情の時よりも集中できて物事に取り組めるんです。

 

だからこそ、

結果がついてきやすいんです。

 

「フロー状態になれば成功しやすいのは分かりました。でも、どうやってなるんですか?」

という声が聞こえてきそうなので、

お答えさせていただきます。

 

例えば、あなたが

「不得意なことで結果を出したいので、なんとしてでもフロー状態になりたい」と思ったとします。

 7658219802_46bbb17722_o

そしたらね、

ストレートに不得意なことをしないようにしてください。

 

不得意なことをしても、

フロー状態にはなれないんです。
 
 
当たり前ですよね。

 

 

不得意なこととは、

やりたくないっていう感情があるんですから・・・

 200910021637250bf

やりたくないって思っている時点で、

辛いという感情が出てきてしまうので、

フロー状態(没頭)になれないんです。

 

物事に集中できないんです。

 

だからね、

自分が不得意なことをやりたくなるまで待つか、

不得意なことと関連付けられて楽しそうなことをしてください。

 

ちょっと例は悪いかもしれませんが、

サッカーが不得意だけど上手くなりたいとしますよね。

 TKY200812180354

そしたら、

サッカーゲームをして、

ゲームの中で上手くなればいいと思います。

 

ゲームの中で上手くなれば、

「僕もゲームの中だけでなく、実際に上手くなりたい」と思うかもしれません。

 

その時にサッカーをすれば、

きっと時間を忘れるくらいサッカーに没頭できて、

気付けばサッカーがどんどん上手くなっていると思います。


ブログの更新は不定期ですが、
メルマガでは毎日あなたのメールボックスに
最新情報を送っています。

最高の人生の送り方『ブレインエクササイズ』
のメルマガを購読したい方は
下記登録フォームからメールアドレスを登録してください。

☆最高の人生の送り方☆

メルアド登録はこちら

↓↓↓

メールアドレス(必須)
お名前(必須)


Sponsored Link

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ