1. 人の心を動かす心理学講座 TOP
  2. ブレインエクササイズ
  3. 億万長者から教わった【自分に合った仕事の見つけ方】

億万長者から教わった【自分に合った仕事の見つけ方】

Sponsored Link

1900-1389854694

突然ですが、

「やりたいこと」×「得意なこと」×「多くの人が求めること」=?

の公式の答えは何か分かりますか?

 

1分だけ考えてください。

 

これ、

大事な概念ですよ^^

 

 

考えましたか?

 irasut27

 

答えは

ビジネス「仕事」です。

 

なんかビジネスとか仕事のアイディアって、

一般人には思いつかないような気がしますよね。

 

でもね、

実は仕事を見つけることって超簡単なんです。

 2013-07-02_024626

あなた自身の手でお金を稼ぐことは、

上記の公式さえ押さえれば誰でもできるんです。

 

今すぐにでもできるんです。

 

どうせなら、

やりたいことでお金を稼ぎたいじゃないですか・・・

やりたくないことをするよりも・・・

 

だったら、

この公式に当てはまることを見つければいいんです。

 012759-300x300

なぜ、

この公式で3つのことが必要なのかというと・・・

 

そもそもやりたいことでなければ、

続かないからです。

 

そして、

得意なことでなければ、

お金をもらうことが難しいです。
(才能がないのを伸ばすのは時間もかかるし効率が悪い)

 E1332848653040_2

最後に、

当たり前ですが、

多くの人に求められなければ、

お金にはなりません。

 

上記の公式の穴埋めをするためには、
 
まずは、

自分の過去をよーく思い出して、

「やりたいこと(好きだったこと)」



「得意なこと(人から誉められたこと)」

を紙に書いてみてください。

 9e0f122740872eede2f16510c54d7e1f

どんな人でも、

必ず見つかります。

 

何一つ才能がない人なんてこの世にいなくて、

才能がないと社会に思い込まされているだけなんです。

 

自分の過去を思い出す際に、

一点だけ注意してください。

 

「才能がない」と思って紙に書き出しても才能は見つかりません。

 pena2-1

脳のRASという働きで、

見ようとしたものしか見えないからです。

 

『自分には才能があるんだ』

と思って、

「やりたいこと(好きだったこと)」



「得意なこと(人から誉められたこと)」

を紙に書き出してください。

 

必ず見つかりますから・・・

 Yellow_smiley

例えば、

やりたいことが「絵を描くこと」

で絵を描くのが得意だとします。

 

そしたら、

実際に絵を描いて

10人の友達に聞いてみてください。

 h-photo

「この絵どう思う?」って・・・

 

友達から本音を聞くコツとしては、

「僕の友達がこんな絵を描いたんだけど、この絵を見てどう思う?」

って聞くと良いです。

 

自分の絵として聞くと気を使ってお世辞を言うかもしれませんが、

自分の絵ではないことにしたら、

気を使う人はほとんどいませんからね^^

 o04000266518fb8cd70c40302f3045f77897c0861-400x266

聞いた結果、

「上手いね、欲しい!!!」

っていう人が半分以上いたら、

仕事として成り立ちます。

 

後は、

お金を発生するまでの仕組みを組み立てればいいだけですから^^

 

是非、

今日から上記の公式

「やりたいこと」×「得意なこと」×「多くの人が求めること」=仕事(ビジネス)

を頭に入れて生活してみてください^^

 

思いついたら、

僕に報告してみてください。

 

お金を稼ぐ仕組みを作るアドバイスができると思いますので^^
 
 
この公式を全部埋めることができれば、

誰でも独立できるんです。

 

会社に束縛されて、

上司の下に付きながら仕事をするのが好きな人もいるので、

みんなにはお勧めできませんが、

独立志向が少しでもある方は、

是非公式を頭に入れて生活してみてくださいね(^_-)-☆


ブログの更新は不定期ですが、
メルマガでは毎日あなたのメールボックスに
最新情報を送っています。

最高の人生の送り方『ブレインエクササイズ』
のメルマガを購読したい方は
下記登録フォームからメールアドレスを登録してください。

☆最高の人生の送り方☆

メルアド登録はこちら

↓↓↓

メールアドレス(必須)
お名前(必須)


Sponsored Link

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ