1. 人の心を動かす心理学講座 TOP
  2. ポエム
  3. 17歳で亡くなった男子高校生の伝説のスピーチ!!!

17歳で亡くなった男子高校生の伝説のスピーチ!!!

Sponsored Link

BERNS-obit-superJumbo

昨日募集した無料コンサルですが、

すでに3名の方が参加表明したので、

残り1名になります。

 

こうゆう時こそ試されますよね。

 

「残り1人だから、ダメもとで参加表明しよう」
「残り1人だからもうだめだ。次の機会に参加表明しよう」

 

どっちの考え方をするかで

人生の質が大きく変わってきますよね^^

 taking care

あなたは、

どう思いますか?

 

まぁ、

僕に興味がなければ全然スルーしてもいいですけど、

興味があるんだったらチャンスの前髪を掴んでくださいね(^_-)-☆

 

さてと、

今日はね、

絶対に見てほしい動画をご紹介させていただきます。

 

『伝説のサム・バーンズのスピーチ』


 

世界でわずか350人しか患っていない

プロジェリア症候群という病気をご存知でしょうか?

 

治ることがない難病で、

その350人のうちの1人がサム・バーンズなんです。

 

これはね、

非常に恐ろしい病気で、

通常の8倍の早さで老化が進行します。

 41763490_145

つまり、

10歳まで生きたとしたら、

その人の細胞はすでに80歳並になっているということです。

 

この病気にかかると、

20歳まで生きることが非常に難しくて、

大人になることすらもできずに亡くなってしまいます。

 

サム・バーンズは成長盛りの17歳の男子高校生にも関わらず、

体重は23kgしかありません。

 

重いものは持てませんし、長い時間走ることもできません。

 2014104321l_139

彼はやれることなんてほとんどなくて、

やれないことばかりなんです。

 

やりたくてもやれないんです。

 

 

想像してください。

 

あなたが

プロジェリア症候群に侵されていることを・・・

 pmdd

もしも僕がプロジェリア症候群だとしたら、

きっと明るい気持ちで生きることはできないと思います。

 

でも、

彼は違ったんです。

 

「できること」なんて限られているのに、

「できないこと」には目もむけず、

「できること」を全力で楽しんでいるんです。

 

そして、

彼は言います。

 

『僕は病気に侵されて気の毒?いや、僕は十分過ぎるほど幸せだよ』

 hqdefault

彼はいろいろなハンデがあったにも関わらず、

決して諦めることなく多くの夢を叶えてきました。

 

できないことにはこだわらずに、

できる可能性があるものは、

どんどん挑戦していったんです。

 

彼は2014年1月に亡くなってしまいましたが、

世界中の人に多くの夢と希望を残しました。

 

この動画を観て、

もう一度自分に問いかけてみてください。

 

まだまだできることなんてたくさんあると

気付くと思いますよ(^_-)-☆


ブログの更新は不定期ですが、
メルマガでは毎日あなたのメールボックスに
最新情報を送っています。

最高の人生の送り方『ブレインエクササイズ』
のメルマガを購読したい方は
下記登録フォームからメールアドレスを登録してください。

☆最高の人生の送り方☆

メルアド登録はこちら

↓↓↓

メールアドレス(必須)
お名前(必須)


Sponsored Link

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ