1. 人の心を動かす心理学講座 TOP
  2. ブレインエクササイズ
  3. 理想のライフスタイル

理想のライフスタイル

Sponsored Link

161-1-624x468

今日お伝えしたいのは、

前回お話しさせていただいた、

3年後の自分を想像して、

今の自分に手紙を書くことと似ています。

 

今から僕が提案するエクササイズをすると、

あなたの脳内に理想のライフスタイルが グググっとインプットされて、

理想のライフスタイルに近づくための行動を

身体が勝手にしてくれるようになります。

歩く_1~1

このエクササイズは

過去や未来の出来事を まるで今、体験しているがごとく勘違いしてしまう

脳の働きを上手に活用した方法です^^

 

脳は、

感情が伴えば伴うほど、

まるで今起きているかのごとく勘違いしやすいんです。

 

前回もお話ししましたが、

まさにトラウマがそうですよね。

Stressed Schoolboy with Head in Hands

深い悲しみの感情が刷り込まれているからこそ、

まるで今起きているがごとく、

急に思い出しては苦しむんです。

 

この脳の機能を使って、

トラウマとは逆に、

未来のワクワクするような 「理想のライフスタイル」を明確に想像して、

感情にグググっと入り込むように、

細かいところまで小説みたいに

ノートに書きだしてください。

lgf01a201305110200

細かいところまで想像して書くと、

まるで自分が小説の主人公になったがごとく、

感情が入り込んで、

脳が勘違いしやすくなります。

 

例えるなら、

ヒーロー映画を観た後に、

まるで自分がヒーローになったかのように勘違いして、

ヒーローの真似事をするような感じです。

20060604103800

ポイントとしては、

読んでいるだけで、

自分の脳内に明確にイメージできるように書くことです。

 

書き終わったら、

一日1回でいいので、

その理想のライフスタイルを見るようにしてください。

 

見れば見るほど、

脳は今の自分の状況と勘違いしてくれます。

0b1054d7bbe2938104c3ac93f56884d41

勘違いさせることで、

無意識に理想のライフスタイル のような生活をし始めます^^

 

その積み重ねが、

将来、理想のライフスタイルを

現実に引き寄せてしまうんです。

 

とにかくやってみてください。

 

「百聞は一見に如かず」

ということで、

僕の書いた理想のライフスタイルを載せておきますので、

それを参考にしてくださいね^^

☆ひらがなのマッキーの妄想日記☆ ~理想のライフスタイル~

 

「ピピピピピーーーー」

 

午前5時:

大ボリュームのスマホの目覚ましアラームがなって、

ビックリして、飛び跳ねるように起きた。

 

『眠い・眠すぎる』

と思いながらも、

目覚まし時計アラームを

スマホの画面に手を当て、

指を優しくスライドさせながら止める。

 

枕元に置いてある自己分析ノートの一つ

「なりたい自分リスト」

をボーっとしながら眺め、

まるで、 すでになりたい自分になっているがごとく、

口に出して読み、 書いてあることは全部現実だと言い聞かせる。

 

この作業をすることで、

不思議と目が覚めてくるんだ。

 

目が覚めたところで、

大好きな音楽を聴いて、

逆腹式呼吸をしながら瞑想する。

 

「お前は〇〇できる」

と言う言葉を 音楽が鳴り終わるまで、

心の中で繰り返し唱える。

 

心のプチ充電完了だ。

 

 

ここで、

初めて布団から出る。

 

洗面所で、

凛々しくなった自分の顔を見ながら、

顔を洗い歯を磨く。

 

うがいをしたら、

既に引退している相撲取りの高見盛みたいに、

ほっぺがはれるまで両手でたたき続ける。

 

ほっぺがトマトみたいに赤くなるくらいまで叩いて、

気合を入れる。

 

僕は、

マゾなのかもしれないと思うが、

それで気合が入るのであればそれでいい。

 

気合が入ったところで、

水を一杯飲み、腸を刺激し、目覚めさせる。

 

腸が、

僕の体の奥底で、

ドクンドクンと動き出すのが分かる。

 

腸が動き出すことで、

僕の内臓のスイッチが順々に入る。

 

『僕の身体、目覚めてくれてありがとう』

と口に出して言い、仕事部屋に移動する。

 

仕事部屋は自宅にあるため、

洗面所から、たった12秒で着く。

 

 

いつも想う。

 

大多数の日本人は、

洗面所で顔を洗ってから、仕事場まで

1時間はかかるのに、 僕は、たったの12秒・・・

 

なんて、

恵まれている生活をしているんだと。

 

仕事場に着いた僕は、

社長イスに座り、

「ふぅぅぅぅぅ」

と一息ついたら、

デスクの右側の棚にあるノートをとって、

いつものように

「ありがとうワーク」

を始める。

(僕は、この時、株式会社ひらがなのマッキーの社長)

 

ありがとうワークとは、

日々の出来事に対して、

「〇〇ありがとう」

と思いつく限りノートに書く作業だ。

 

この作業をすることで、

自分はどれだけ恵まれているんだと自覚でき、

幸せな気持ちになれる。

 

僕は、

幸せな気持ちを倍増させるために、

キロロの「未来へ」を聴きながら、

「ありがとう」

と書き連ねるのが好きだ。

 

『ほぉらぁ、足元を見てごらんーー』

のフレーズを聴きながら、

ありがとうをひたすら書き連ねることで、

泣きそうになるくらい感情が高まり、

心の底から幸福感が得られるからだ。

 

心の底から幸福感を得られ、

幸せな気持ちになった時に、

僕の心の充電はMAXになる。

 

「今日も一日頑張るぞぉぉぉぉ」

と大声で叫びたい気持ちだが、

まだ朝の5時42分でご近所迷惑になるので、 小声で叫ぶ。

 

次にパジャマを脱ぎ、

ジョギング用のジャージに着替えたら、

ジョギングするために、 家の外に飛び出す。

 

お日様が少しだけ顔を出し、

僕を優しく包み込むように照らしてくれる。

 

車がほとんど通らない大きな道を 爽やかな空気感を感じ、

小鳥の鳴き声を聞きながら、

清々しい気分で15分走ったら、

Uターンして、今度は来た道を 家へと向かって走り出す。

 

「生きててよかったぁぁぁぁ」

と、毎朝走るたびに思う僕は、

きっと世界一の幸せ者なのだろう。

 

家に着いたら、

汗だくになったパンツ・シャツ・ジャージを 洗濯器に優しく入れて、

「朝、僕のジョギングに付き合ってくれてありだとう」

と言いながら、洗濯開始ボタンを 「ピッ」と押す。

 

そのままシャワーを浴び、汗を流す。

 

水も滴るイイ男になったら、

タオルで水を拭き、

お気に入りの服に着替えたら、朝食だ。

 

時計の針は6時30分を指している。

 

ご飯の上に

「ごはんですよ!」

を乗せ、 口の中にかきこんだら、

サプリとともにお茶を流し込んで朝食終了。

 

こうして、

僕の朝の時間は終わる。

 

時計の針は7時を指していた。

 

仕事場に移動し、

パソコンの電源スイッチを 「ポチッ」と押したら、

フェイスブックを開く。

 

30通のメッセージを確認したが、

その前に日課である「今日の名言」を

イケてる写真と共に投稿する。

 

投稿して1分しか経っていないのに、

すでに10イイネに3コメント。

 

6秒に一人イイネを押し、

20秒に一人コメントを 書いてくれてる人がいることに感謝し、

幸福感に包まれる。

 

その後、

メルマガ読者からの感想をチェックする。

 

「まさか一通も感想がなかったりして・・・」

とドキドキしながら受信BOXを開いたら、

12通も返信があり、またまた幸せな気持ちになる。

 

その後は仕事だ!

 

昨日の夜、

寝る前に書いておいた 明日のスケジュール(to doリスト)の

午前の部を見ながら12時まで仕事をする。

 

 

「ピピピピピッ」

 

12時にセットしておいたストップウォッチの アラームがなる。

 

「ピッ」とアラームを止めたら、

歩いて1分の所にあるコンビニまで、

日替わり弁当とミネラルウォーターを買いに行く。

 

「お弁当温めますか?」

と可愛い店員のお姉さんに聞かれ、

僕は「30秒でお願いします」

と時間を指定して温めてもらう。

 

可愛いお姉さんが対応してくれたことと

お弁当がほど良く温かくなったことで、

またも幸せ感を感じる。

 

家に着いたら、

大好きな心理学が学べる海外ドラマを 見ながら昼食をとる。

 

心理学を学ぶために見ていたら、

いつの間にか綺麗な女優に心を奪われ、

本来の趣旨を忘れるが、

ハッと本来の趣旨を思い出し、

綺麗な女優ではなく、

人間の心の移り変わりを見ることに集中した。

 

ドラマが終わったところで、

時計の針は13時。

 

ここからは2時間、

尊敬している人が勧めてくれた本を読む。

(いつもはキンドルで本を読むが、この時間帯は紙媒体の本を読む)

 

本を読みながら、

ピンときた部分のメモをとる。

(メモはブログ・ツイッター・フェイスブック・メルマガのネタにする)

 

知識は武器になることを知っている僕にとっては、

この2時間はホントに楽しい。

 

武器をたくさん集めて、

知識武装をすることで、

僕はドンドン無敵に近づいているんだ^^

 

 

「ピピピピピー」

 

15時にセットしておいたストップウォッチがなる。

 

どんなに途中だろうが、

本を閉じ、昨日の夜、

寝る前に書いておいたto doリスト午後の部を 19時までやる。

 

 

「ピピピピピー」

 

19時にセットしておいたストップウォッチがなる。

 

ここで、夕食だ。

 

自分で料理を作り、

お昼と同じ心理学を学べる海外ドラマを見ながら、

ご飯を食べる。

 

 

20時:

 

近所の映画館まで歩いていき、

大好きな映画を観る。

 

心がけているのは、

セルフイメージに悪影響を及ぼす映画を観ないことだ。

 

僕が特に好んで見るのは、

一発大逆転系の映画で、

これを見ると僕のマインドが一気に上がり、

スーパーサイヤ人のような状態になれる。

 

映画を観終わったら、家まで歩いて帰る。

 

「今日も最高の映画だったなぁ」

と一人つぶやきながら・・・

 

 

時計の針は22時30分を指している。

 

お風呂に入り、目をつぶりながら、

今日の一日を思い出す。

 

そして、

未来の進化している自分を想像しながらニヤニヤする。

 

30分でお風呂を出たら、

寝るまでのラストスパートだ。

 

大好きなメルマガとブログとツイッターへ投稿するための 記事を書く。

(ネタはたくさんあるので困らない)

 

 

23時45分:

 

彼女とのテルタイム!

 

今の彼女と10年間毎日している習慣だ。

 

今日あった出来事を彼女にアウトプットすることで、

しっかりと1日あったことを脳内にインプットできる。

 

そして、

何よりも大好きな彼女と話すことで、

癒され、幸せな気分になれる。

 

そう、

これがあるから僕は毎日頑張れるんだ・・・と・・・

 

 

24時:

 

明日のto doリストを書いたら寝る。

 

「今日も幸せな一日をありがとう」

と神様に感謝しながら・・・


ブログの更新は不定期ですが、
メルマガでは毎日あなたのメールボックスに
最新情報を送っています。

最高の人生の送り方『ブレインエクササイズ』
のメルマガを購読したい方は
下記登録フォームからメールアドレスを登録してください。

☆最高の人生の送り方☆

メルアド登録はこちら

↓↓↓

メールアドレス(必須)
お名前(必須)


Sponsored Link

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ