1. 人の心を動かす心理学講座 TOP
  2. ポエム
  3. みんなが裕福になる方法

みんなが裕福になる方法

Sponsored Link

17_001

昨日は久しぶりに映画を見ました。

 

観た映画は、

「エリジウム」です。

 基本台紙

映画の内容は、

シンプルにいうと富裕層VS貧困層の近未来SFアドベンチャーです。

 

最終的には、貧困層も富裕層と同じような質の高い生活を手に入れるという結末でした。

 

 

みんながハッピーになる素敵な結末でしたが、

これって現実ではあり得ないんですよね。

 

少なくとも資本主義社会では・・・

 

 

資本主義社会は、

システム(機械や人)を使う人と

システム(機械や人)に使われる人

の2種類の人間で構成されています。

 

一部のシステム(機械や人)を使う人は、

その他大勢のシステム(機械や人)に使われる人

に支えられて生きています。

 thumb5

前者は富裕層になり、後者は貧困層になります。

 
何が言いたいのかというと、

富裕層を支える貧困層がいないと、富裕層は成り立たないんですよ。

 

よって、

全員が富裕層と同じ質の高い生活ができることなんて、ありえないわけです。

 

ちょっと分かりにくいですかね?

 

でわ、

芸能人を想像してみてください。

 

芸能人の中でも、歌手なんて分かりやすいですね。

 P7169941_filtered

歌手が富裕層で、ファンは貧困層と仮定しましょう。

 

ファンが少なければ、

CDも売れないし、ライブチケットも売れません。

 

よって、

歌手は富裕層になれません。
 
 
大勢のファンに支えられて、歌手は富裕層になれるんです。

 

どんな時代でも、

富裕層は極一部しかいません。

 

これは、

変えようがない事実なんです。

 

さて、

ここまで富裕層の反対を映画の流れもあるんですが、

貧困層と言わせていただきました。

 

厳密にいうと、

貧困層ではなく、普通の人と言えます、今は・・・
 
 
でも、

普通の人でいられるのは、

あとわずかな時間しか残されていません。

 00006pw63-300-1

そりゃそうですよね。

 

普通の人ができる仕事を24時間働ける機械に

どんどん奪われているわけですから・・・

 

機械の方が人件費よりも、

はるかに安くコストを抑えられます。
 
 
なので、

機械ができる仕事は、

文句も言わず24時間黙々と働いてくれて、

コストが安い機械にやらせたほうがいいんですよ。

 

どうしても、

人でないとできない仕事以外は、

人を雇う必要が一切ありません。
 
 
よって、失業者は増えます。

 

失業者は安くてもいいから、

仕事がほしいと思っています。

 

なので、

機械にとって代わられない少ない枠(仕事)を

安月収でもいいから働きたいと思うわけです。

 main

この現象があらゆる業種で起きてくるので、

システムに使われる人は、どんどん貧困になっていくわけです。

 

貧困層に入りたくないという方、

そのためにはシステム(人や機械)を使う側になるためには、

どうすればいいかを真剣に考えたほうがいいですよ。

 

いくらでもありますから・・・

 
その中でも一番簡単な方法は、

自分のファンを作るということです。

 

あなたが魅力的な人間ならば、ファンはどんどんつきます。

富裕層になれます。

 

 

あなたが魅力的でない人間ならば、ファンはつきません。

貧困になります。

 

何をすればいいか、一目瞭然ですね^^
 
 
まぁ、

極論ですけどね(笑)


ブログの更新は不定期ですが、
メルマガでは毎日あなたのメールボックスに
最新情報を送っています。

最高の人生の送り方『ブレインエクササイズ』
のメルマガを購読したい方は
下記登録フォームからメールアドレスを登録してください。

☆最高の人生の送り方☆

メルアド登録はこちら

↓↓↓

メールアドレス(必須)
お名前(必須)


Sponsored Link

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ